ラーメン屋 開業資格

ラーメン屋 開業資格

ラーメン屋を開業するのに何か資格は必要なのでしょうか。

 

また、その資格はどのようにして取得すればいいのでしょうか。

 

 

ラーメン屋以外にも、飲食店を開業するためには、食品衛生責任者の資格が必要になります。

 

食品衛生責任者の資格保持者は、経営者、店主でなくてもいいのです。

 

店舗に資格保持者を一人おけばOKです。

 

もし、自分で資格を持っていれば、店舗を拡大していくときも便利になります。

 

食品衛生責任者には、調理師・栄養士・製菓衛生士・食品衛生管理者などの資格を持っていればそれだけでなれます。

 

また2年以上の調理経験のある方も、食品衛生責任者になれます。

 

もし、上記の資格がない場合、保健所が主催している食品衛生責任者になる為の講習会に行けば、数時間で資格が取れます。

 

講習の内容自体特に難しい内容のものではありませんし、試験もありません。

 

この資格が必要になるのは、ラーメン屋の店舗完成前に必要になります。

 

保健所に提出する開業届に資格が必要なのです。

 

食品衛生責任者以外にも、ラーメン屋の開業前に、保健所の立ち入り検査があります。

 

この検査をパスできないともちろん開業できません。

 

開業資格を取得するより、立入検査の方が大変です。

 

保健所による立ち入り検査の項目は、衛生面で考えれば、当然の事ばかりです。

 

しかし、内装、外装工事が完成してから許可が下りないとなると大変なことになり、余計な出費になります。

 

事前によく、調べてから工事に取り掛かるようにしたいものです。

 

検査のポイントさえ押えておけば、許可はおります。

 

この検査のポイントは保健所でも相談に乗ってくれるので事前に打ち合わせを済ませておいた方がいいですね。